top of page
  • 執筆者の写真KoEmo

人生初そよや江戸端

素敵な出会いをした。

地蔵通りの目当ての煎餅屋さんで煎餅を買おうと向かったところ、日曜日は定休日。

せっかくだから、ちょっと散歩でもしようか。


そうやって歩き始めて40歩ほど。

ふと商店街の脇の路地に目をやると、とってもモダンで温かい鉄製のランタンが店前に置かれているのに気づいた。

突然立ち止まり、あそこ、素敵。と少し路地に入る。

夫は慎重派だから、Google Mapで評判を確認してから、OKを出す。


そこは「そよや江戸端」というところ。



江戸川橋の古民家を改装して、アートギャラリーandカフェらしい。

全体的に元の古民家の和を残しながら、落ち着いたモダンなインテリアは、

やっぱりどこか安心感を与えてくれる。


やっぱり和に落ち着くもんだなあ。


窓際の席に案内された。

壁にはバイオリンの美しい造形美の写真が飾られている。

さりげなくプライスリストがあるのも嬉しい。


中には文学的な中年の男性たちと、クリエイティブな雰囲気を醸し出している若者二人。


ギャラリーと聞くとちょっと敷居が高い気がするものだが、

そこは喫茶店メインで、もしよかったら、という具合に絵が調和して飾られているから、

安心して居座れる。


私は抹茶と主菓子。夫はシナモンロールとコーヒーを頼んだ。




抹茶と和菓子のマリアージュ。これはいつ体験してもたまらない。

2階の窓から吹く春風が心地よい。

そして地蔵通りを見下ろすと、おじいさんがおばあさんの荷物を持って、おばあさんのお買い物を店の外で待っていた。


なんて平和な。


抹茶と主菓子の最後には、ドライフルーツと、お吸い物。

これがまた、合う!!!!


ふらっと立ち寄った喫茶店で、素敵な創作物に囲まれながら、

春風で前髪を揺らしてマリアージュを楽しむ。


こんな贅沢、あっていいのだろうか。


日本に生まれてよかった。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page