top of page
  • 執筆者の写真KoEmo

人生初ビズ神楽坂

神楽坂が好きだ。

イタリアンはよく開拓していたのだが、今回はフレンチを探してみた。


あった。ビズ神楽坂。


暗い坂道を降りたところに、温かく灯るガラス張りの店内。

階段を登った2階にその店はあった。


3980円のコースを予約していた。

席に着くと早速コースが始まった。


可愛いお皿に載せられた食事。

一つ一つの味がしっかりと整っている。





何か大きく主張するわけでもなく、でもしっかりと存在感を残す逸品たち。


そして何より驚いたのは、うずらの、、これはなんでしょう。


驚くほど美味しかった。


そして、インドのスパイスの香りが、ぷんぷんとする。

でも、口に入れるとそのスパイスの香りが全く気にならない。

というか、爽快感さえ感じる。

そしてお肉はつくねのような歯応え。

ジューシーなコリコリとしたお肉の味と、少し苦味の効いた深みのあるソースが、

絶妙なマリアージュを醸し出している。


思い出すだけでよだれが出てきそう。


外食は趣味なり。

久々にまた素敵なお店が見つけられて、私は嬉しい。


そして帰り道に、背中をピンとたてた猫が座っていた。

あまりの気配のなさと、そのいじらしさに、笑ってしまった。


猫を撫でて帰る夜の神楽坂。

良き休日。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page