top of page
  • 執筆者の写真KoEmo

人生初ブラックチョコレート豆乳

つい1年前まで、豆乳が苦手だった。

しかし、つい最近突然飲めるように。

それ以来疲れた時には仕事帰りにプハーと豆乳が日課になっている。


そして、いつもお世話になっているコモディイイダ。

きっと店長も豆乳好きなのだろう。

いくといつも最低10種類以上の豆乳が陳列されている。

美しくカラフルに並ぶ褪せた色たち。目に入る瞬間にハウッと心躍る。


と、初めて見る新顔。

ブラックチョコレート!

これは試してみるしかない。




飲んだ。


濃い!とにかく濃い!

これは一気飲みは禁物だ。

舌の上に転がしながら、抹茶のような、深いチョコレートの味を堪能するのがベスト。

チョコレートを飲んでいないのに、飲んでいるような背徳感。

舌から全身にかけて、甘味が通っていくのが分かる。

染みる〜〜〜〜〜〜〜〜〜。


キッコーマンありがとう。

豆乳自体のよさを極めるのではなく、

もはや豆乳であることを捨てて、ここまで攻めてくれる潔さが好きです。




閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page