top of page
  • 執筆者の写真KoEmo

人生初一人牛タン定食

1日1新を記録するために始めた試みだが、

早くも食事に偏りつつあることを痛感しながらも、

これも重要な1新だ!と自分に言い聞かせながら書いている今。



一人で食べるタンは美味しかった。

けどやっぱり私を一番魅了したのは、麦とろご飯。


麦とろしかり、オクラしかり。

とにかくネバネバ系に目が無い私は、

テーブルの上に麦とろが出てきただけで、

脳の奥からドーパミンが出てくるのが分かるくらい、テンションが上がりました。ええ。


おそらくこれは遺伝子レベルで好きなのだと思う。


それは、遡ること20数年前、私がまだ言葉も喋れないような赤ん坊だった頃だ。

私はとにかく食べることが嫌いで、口に入れたら吐く、を繰り返す赤ちゃんだった(お母さん、本当にごめんなさい。。)。


お母さんもお父さんも、おじいちゃんもおばあちゃんも、家族全員の手をやかせていた私。

そんな私だったが、おばあちゃんが作ったとろろ巻き(ご飯にとろろ昆布を巻いたもの)だけは、ぽんぽん口の中に入れられても、吐き出さなかったらしい。


おばあちゃんはその時の話を、今でも嬉しそうに私に語る。

それだけ、嬉しかったんだろうなと思うと、おばあちゃんがいじらしい。


当時は、おばあちゃんの腕の中に抱かれていた。

今は私は、おばあちゃんの背を超えてしまった。


おばあちゃんに会いたいな。





閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page