top of page
  • 執筆者の写真KoEmo

人生初妊娠線クリームを購入

妊娠線というものを初めて知った。

妊娠をして、お腹が大きくなると赤紫色の筋状の線がお腹に現れるという。

具体的にまだイメージができないが、クリームを買った方が良いとのことだったので、とりあえずポチり。


妊娠をして初めて自分がいかに無知だったかを知る。

今まで自分がどれほど妊婦さんたちに無神経だったか。しかも、悪意なく。


まずはこんなにつわりが辛いなんて。

どうやって仕事をしていたのか、本当に世の先輩ママさんたちに聞きたい。

なんでみんな辛そうじゃない顔をしていられるのか。

それとも、私が気付こうとしていなかったのか、、、?


早朝と夜は気持ちが悪くて、正直仕事にならない。

酸っぱい胃液みたいなのが喉元を突き立てられながら、常にギリギリで仕事をしている。

そして予定外に伸びるミーティングは地獄だ。

気持ちが悪くて、早く終わらないか終わらないかという気持ちでいっぱいで。

でも、安定期に入っていないから、なかなか妊娠報告もしづらく黙っている。


そもそも、妊娠報告って、あんまりするものじゃないのかな?それともバンバン伝えていった方が良いのかな?そこらへんの基準も曖昧で。

仕事のためには伝えたいけど、報告して気まずくなるのも嫌。


妊娠マークをカバンにつけて、出歩いているけど、

こんな小さなマークで大丈夫なのかなとも心配になる。

正直もっと気にかけて欲しい。

横断歩道を走れないのに早く歩けと煽ってくる車とか、脇を猛スピードで走り抜ける自転車とか。


妊娠初期ほど危ないのに、全然外に伝えられない。すごくもどかしい。


妊婦になって、社会がとても冷たく感じた。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

育児が大変?仕事が大変?育児と仕事の比較方法

夫婦間でよく見られる、育児の方が仕事より大変だ論。 育児をやってみて思った。育児と仕事。これは比較できるものではない。 なぜなら、育児と仕事、使う脳も動き方も全く異なるからだ。 育児は、全て突発的に物事が動き、都度判断しながら、 一つのことに充てられる時間が30分以内で刻まれる。 それに対して、仕事は事前に計画ができ、 一つの作業に30分以上費やすことができる一方で、クオリティが求められる。 こん

Comments


bottom of page