top of page
  • 執筆者の写真KoEmo

人生初梅田HEP観覧車

やはり新しい地に来ると、高いところに来たがるのだろうか。

窓の外を見ると目に入った観覧車。

たまには夫とデート気分でも味わおうと思い、観覧車に行くことを提案した。


観覧車はビルの8階に設置されている。

「わ〜すごいね〜!たかーい!」

みたいな、付き合った当初のようなありきたりな台詞を吐くことになるのか。

そんな、ちょっと気恥ずかしいような、初々しい気持ちで乗った。



ザ・恐怖体験だった。


乗った瞬間から、あれ?思ったより高くない?と思ったのも束の間、

非常にゆっくりした足取りで、どんどん上がっていく観覧車。


え?え?待ってちょっと。どこまで高くなるの?


気づけば高層ビルと同じくらいの高さだった。


高層ビルと違うのは、私たちは小さい小部屋に吊り下げられているということ。


足が竦むとはこういうことかと言わんばかりに、足が地についたように動けなくなった。

外の景色?楽しめない楽しめない。

震える指で窓の景色を撮りましたよ。はい。


そんな私に気にもとめず、夫は

「ちゃんとメンテナンスとかしてるのかな?」

なんて呑気なことを言っていた。

この状況で、そんなこと、絶対言うでない!と叱った。


もはや逆に、吊り橋効果的な意味で、デートにはうってつけかもしれない。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page