top of page
  • 執筆者の写真KoEmo

人生初神楽坂梅花亭

久しぶりに人に会う約束があり、行く際に手土産を買おうと神楽坂にぶらり。


元々渋谷で会う予定だったので、渋谷で調達しようとしたのだが、

時短要請によりオープン時間が11時の店舗が多く、

約束が11時だったので慌てて神楽坂のおすすめの手土産屋さんを探した。


そこで目をつけたのが梅花亭。

神楽坂福来猫もなか(かぐらざかふくねこもなか)が可愛い上、

会う予定の人が起業したという事もあり、

招き猫の縁起も担いでくれるだろうと即決した。



朝9時半に家を出ると、春の乾いた優しい風が吹く。

空がいつまでも蒼くって、所々に千切れた雲が浮かぶ。

とっても春だ。


細い路地が血管のように伸びて、その中をクネクネと探検するように坂を登っていく。

向かう途中で素敵なカフェやケーキ屋さん、和菓子屋さんなどに目移りするも、いやいや私は福来猫もなか。


お店に着くと、開店したばかりでおばあちゃんに近い年次の方が掃除機をかけていた。

店員さんもまさか開店時すぐにお客さんがやってくるとは思っていなかったようで、少しびっくりしていた様子。


いざ店舗に入ると猫以外にも素敵な和菓子がたくさん並んでいて、目移りしてしまう。

日持ちの日数や、それぞれのお菓子のことについても、優しく話しかけて教えてくれた。

結局福来猫もなかと宝づくし(ほうじ茶風味の皮に黄身餡が入っている焼き菓子。2週間ほど日持ちするらしい)のセットにした。


お店を出る際には、常連の素敵な白髪の奥様とすれ違った。

お店の人とも仲良さげに話している。


やっぱり私は神楽坂が好き。

上品で、とっても温かい。


今度は自分のためにここで和菓子を買おうと思った。




閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page