top of page
  • 執筆者の写真KoEmo

人生初ZOOM飲みならぬ転職相談

私は一度転職をしている。前職も好きだったけれど、

私がパッションを持ってしたいと言える仕事ではなく、

きっと私よりももっと得意な人がいるんだろう、と斜に構えながら仕事をしていた。


誰にも負けない、情熱を持てるキャリアを選びたい。


そんなの理想論だ。と言われればそうかもしれない。

でも、夢見るくらいいいじゃないか。


というのが転職したざっくりとした経緯だ。


そんな私に、相談がきた。

私の今の会社に転職を考えている元同期だ。


あまり話したことがなかったけれど、基本人からの相談は断らないので、受けた。


そこで前職の現状を聞いて、絶句した。


詳細は言わないが、やっぱり、人を大事にしない会社からは、人は離れるべきだと思う。


愛するより愛される方が幸せ、とまではいかなくとも、

多少大事にされる権利は、会社員なのだからあるのではないの。

人の善意だけで会社は動かせるなんて、そんなに人は甘くないのだよと、会社に言いたい。


私が前職で一緒に働いていた人たちは思い出したら涙が出るほどとてもいい人たちで、

仕事もバリクソできる人たちだったから余計、会社の会社員への対応が悲しかった。


今日転職相談をしてくれた人も、頑張って欲しい。

そして、私も頑張ろうと思った。

私たちの世代は、もう逃げきれない。

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

人生初弟の部屋で仕事

私には弟がいる。 弟の部屋は、出入り禁止だった。 彼の城には家族は原則入れず、弟は自分の世界を謳歌していた。 そんな弟が、リビングでテレビを見たいという。 リビングで仕事をしていた私は、なら部屋を貸せと交渉。 結果交渉成立。 弟の部屋にえっちらおっちらパソコンや仕事道具を持って仕事を始めた。 なんと仕事のしやすいことよ。 ゲームをするために買ったこの家で最も高いと言っても過言ではない椅子。 広い机

人生初レコーディング立ち合い

ウェブCMのナレーションのレコーディングに、広告主として参加した。 よくある、広告主は立っているだけで、代理店が取りまとめている とかじゃ無い。 OKも取り直しも、全部私の一存で決まる、という非常に決断を強いられる現場だった。 というのも、もちろん代理店はいるものの、彼らには日本語が分からない。 だから、日本語のナレーションがうまくいっているのかいっていないのか分からない。 なので私しか判断ができ

Comments


bottom of page