top of page
  • 執筆者の写真KoEmo

日本企業にハイスキルの外国人が少ないわけ

バリバリの日系企業を経て、現在外資系企業に勤務している中で思うのは、

なぜ日本企業はハイスキルの外国人が少ないのか、ということ。


あらゆる理由があるとは思うが、

一つ、日本企業は海外相場と日本相場の給料の違いによって、

海外から来る人をうまく扱えないことが大きいのではないかと思う。


というのも、外資系企業に勤務して思うのは、

外資系企業は海外から来るMBAを取得した人や転職で雇用する人に対して、

海外水準の高い給料を払うことを厭わないし、

社内の給与水準も海外の相場に応じて比較的高く設定されている。


一方、日本企業では、日本の社員に対する給与水準が低いが故に、

外から外国人を高い給料で雇用しても、周囲の給料のギャップが大きすぎて、

「あいつ給料高いくせに……」みたいな状況が生まれ、

結果社内でうまくパフォームができない、といった弊害が起きているのではないか。

それか、そもそも高い給与水準で募集をかけていないから、

海外からいい人材が来ないのかもしれないが。


要は日本の給料相場が低すぎることが所以なのだが、

じゃあなぜ日本の給料相場が低いかというと、

日本のサラリーマン、サラリーウーマンが日本企業しか選択しないが故に、

給料相場のガラパゴス化が起きている。


じゃあなぜ日本のサラリーマン、サラリーウーマンが日本企業しか選択しないのかというと、

ひとえに英語をうまく扱えないからなのではないか。


じゃあなぜ英語がうまく扱えないかというと、

日本の英語教育が終わっているからである。


日本の教育によって給与相場を低くされ、そして物価上昇に苦しんでいると思うと、

なんだかやりきれない気持ちになる。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

母になるということ

子供が生まれたら、女は母になる。 なんて嘘だ。女は、子供を産んだ後、気づいたら母になっているのだ。 私が小さい頃、まだ3歳の頃だろうか。 母が美味しそうにコーヒーを飲んでいたことを覚えている。 ブルーの透明のコーヒーカップ。その中に漆黒のコーヒーが溜まっている。 その美しさたるや。どんなにコーヒーとは美味しいのだろうかと小さいながら夢見ていた。 そしてある日、母がコーヒーを机の上に置いたまま、一瞬

育児が大変?仕事が大変?育児と仕事の比較方法

夫婦間でよく見られる、育児の方が仕事より大変だ論。 育児をやってみて思った。育児と仕事。これは比較できるものではない。 なぜなら、育児と仕事、使う脳も動き方も全く異なるからだ。 育児は、全て突発的に物事が動き、都度判断しながら、 一つのことに充てられる時間が30分以内で刻まれる。 それに対して、仕事は事前に計画ができ、 一つの作業に30分以上費やすことができる一方で、クオリティが求められる。 こん

コメント


bottom of page